引越し料金良くあるトラブル

引越し料金よくあるトラブル

引っ越しについては料金をめぐるトラブルも色々あります。ここではそのような引っ越しトラブルの例を紹介します。

 

見積もより高い金額を請求された

これは引っ越しに限らずよくあることです。特に経営難の引っ越し業者がよくやります。結論から言うと、対応する必要はありません。見積書はそのまま契約書と同じなので、見積書の金額以上のものを払う必要はありません。

 

もちろん、実際に引っ越しの作業をしてみて、この作業が必要だったと追加で何かの作業をしたという場合はあるでしょう。しかし、その場合にはその時点で利用者と一緒に見積書の見直しと修正をする必要があります。それに利用者が納得して契約した上での追加請求ならいいのですが、そうでない場合には一切応じる必要はありません。

 

引っ越し業者はこのような利用やの無知につけこんで高い金額を請求してくることもあるので、しっかりと事前に勉強しておいて、ダマされないようにしましょう。

 

キャンセル料金を請求された

何らかの事情で予定日に引っ越しが出来なくなりキャンセルしたとします。この場合、前日なら10パーセント以内、当日なら20パーセント以内のキャンセル料を払うというルールが法律で決められています。逆に言うと、それより前であれば払う必要がないですし、前日や当日でもこれらを超える金額を払う必要はありません。

 

例えば当日なので全額のキャンセル料を請求します、という引っ越し業者があったとしても、それは無視していいということです。当日だと全額というのは多くのサービスで設定している金額なので、ついつい納得してしまいそうになりますが、引っ越しでは上に書いたようなルールが定められているので、それを守ればいいだけの話です。

 

ただ、見積もりの内容によっては事前に着手しなければならないものもあります。例えばピアノの調律師の手配などですが、このようにすでに着手してしまったサービスについては全額のキャンセル料が発生するので、それは意識しておきましょう。

 

荷物の破損

荷物を輸送している際についた傷については、引っ越し業者のミスなので責任を追及することが出来ます。ただし、3ヶ月以内である必要があります。時間が経過すればするほど責任があいまいになっていき、損害賠償も請求できなくなる可能性が高いので、引っ越しが終わったらすぐに、全ての家具をチェックするようにしましょう。チェックしても気にならなかった傷であれば別に問題はないということですから、ここで特に何もなければ、神経質になる必要はありません。